3剛一さん選集ウェブバナー_edited.jpg
sfinal大岩剛一選集_表紙2_ページ_1_edited.jpg

​​2022年3月4日発売!

​建築家、環境運動家として数々の仕事を残してきた大岩剛一氏(2019年4月逝去)の生前の文章を精選の上、貴重な写真、イラストとともに選集として出版します。

高度成長期の都市部で私達が手放してしまった風景と、2000年以降のエコロジーへの関心の高まりのなかで、日本の伝統建築技術とあわせたストローベイル工法など、剛一氏が情熱を注いだ「懐かしい未来」への思想と実践が綴られた一冊となりました。後半ではコミュニティデザイナー・山崎亮氏と編者で剛一氏の弟でもある辻信一との対談も収録されています。​これからの建築とコミュニティ、暮らしのあり方を考えたいすべての人にお薦めします!

『大岩剛一選集 懐かしい未来の風景と建築』​目次

序   スロー・デザインと懐かしい未来 大岩剛一+辻 信一  2006 

第一部 忘れられた風景からの都市論
 裏庭  1988
 ダリアとカンナ  1988  
 汚物をめぐる風景  1990
 路地と長屋  1992
 銭湯  1992
 川崎球場 1992
 空き地論―原野の記憶から  1995
 ボロ切れと大地―ボンベイ・そしてニッポン  1995
 原野が紡ぐ風景  1996

第二部 スロー・デザイン その思想と実践
 藁の家の宇宙 オーストラリアにて  2000
 レッドウッドの森と藁の家 カリフォルニアにて  2000
 藁が紡ぐ物語―カフェスローの試み  2002
 巣作りという物語り―建築家・小清水園恵のライブ活動  2002
 里山とスロー・ランドスケープ―循環する時の風景  2003
 ストローベイル・ハウスと日本の森  2004
 スローハウスの暮らし  2008  
 人と人、人と自然を繋げる家  2010
 小さな村の大きな力 東部ブータンにて  2016
 循環する魂のスミカ―仰木の里山から  2019

対談 大岩剛一と「あいだ」の建築 山崎 亮×辻 信一  2021 

あとがき 大岩由利+辻 信一 
大岩剛一略歴
参考文献・初出一覧

new見本:序.jpg
new見本:第一部.jpg
new見本:第二部.jpg
new見本:対談.jpg

ページ画像をクリックすると拡大します

大岩剛一。パリ、セーヌ川にて。2007年

大岩剛一 (Oiwa Goichi)


1948     東京に生まれる
1970     早稲田大学理工学部建築学科卒業
1972     早稲田大学大学院修士課程修了(吉阪隆正研究室)
1977〜1999  (株)ジグ設計工房 代表取締役
1998〜2013  成安造形大学 教員
2000〜    一級建築士事務所 大岩剛一住環境研究所 代表
2001〜    スローデザイン研究会 世話人
2003〜    有限会社ゆっくり堂 取締役
2013〜    成安造形大学附属近江学研究所 客員研究員
2016     滋賀県の湖西に新居をストローベイル工法で建て、転居
2019.4.28   死去(享年七一歳)

八ヶ岳山麓「藁舎」でのストローベイル・ワークショップ。大学生を中心に老若男女が全国から集った。2004年
地元民の案内で学生たちと里山のフィールド調査。滋賀県大津市、仰木集落
ヨシ外壁とワラ内壁の住宅兼カフェ(2013年完成)。滋賀県
NPOマングローブ植林行動計画のエコキャビン建設プロジェクトのためのメモ。エクアドル・エスメラルダス州、1990年代末

大岩剛一選集 ロスト&ファウンド―懐かしい未来の風景と建築
2022年3月4日 第1刷発行
著者 大岩剛一
編者 辻 信一

四六判・272ページ

本体価格3000円+税


発行者   中村隆市
発行所    ゆっくり堂
印刷・製本 シナノ印刷株式会社
ISBN978-4-9905455-8-1 C0052         

企画・編集 環境=文化NGOナマケモノ倶楽部
コーディネイター 馬場直子
ブックデザイン  藤本孝明(如月舎)
表紙写真     浅野 豪
本文写真・図版  大岩剛一、辻 信一
編集協力     桑垣里絵
作画協力     大原 歩(旧姓 蔭山)