P1249322.JPG
samnail.jpg

中南米の動物ナマケモノに出会ってから25年。ぼくはタイ北部の森で、今度は、自らを”なまけ者”と呼ぶ人間たちと不思議な縁で結ばれ、スローライフの極意を伝授された。ーー辻信一

レイジーマン(なまけ者)から学ぶ自然を尊ぶこころ、自然とともに生きる知恵。少数民族を襲う戦争、麻薬、貧困、自然破壊…。絶望から希望へと歩んだカリスマ的指導者ジョニとそれに続く若者の物語。その知恵と愛が危機の時代に生きる人類の未来を照らす。

CHS_0200.jpg

あらゆるエレメンツ、あらゆる生命のつながりの中で調和して生きるレイジーマンの哲学には、私たちがゆっくり歩むことによって見失わずにすむ大切な本質を再認識させてくれる。

NOMA(モデル/アーティスト)

自然の中で遊ぶスポーツが好きな僕は「雪山や海がドアを開けてくれるまで待たなければいけない」ことを経験的に学んだ。人間の都合を押し付ければ痛い目に合うからだ。けれども、カレン族の生き方は「その時が来るまで待つ」ことが人間の生そのものまでを豊かにしてくれると改めて気づかせてくれた。こんな時代だからこそ、「ナマケモノ」という言葉が持つ本当の意義を多くの人と分かち合いたい。

辻井隆行(社会活動家/元パタゴニア日本支社長

このなかで紹介される言葉を、自分たちとは違う、遠い国の、森のなかで生活する、特殊な人たちが発したものだと片付けずに、そこからどんな示唆を見つけ出すのか。そのことが試されている気がする。

山崎亮(コミュニティデザイナー/社会福祉士)

なまけもの=自然の力を受け取る生き方。これ今の社会に一番必要な力なんじゃないかな? そんな気づきを与えてくれます。

谷崎テトラ(放送作家・京都芸術大学客員教授)

スライド2.JPG
スライド3.JPG