有限会社ゆっくり堂

TOP ゆっくり堂の本 本の購入 ゆっくり堂って? 仲間たち おすすめの本 リンク お問合せ

TOPICS

3・11から1年-懐かしいつながりへの下降

『降りる思想- 江戸・ブータンに学ぶ』

著:田中優子 + 辻信一

表紙画像『降りる思想- 江戸・ブータンに学ぶ』
  • 著者:田中優子+辻信一
    発行:大月書店
  • ページ数:224ページ
  • 定価1700円+(税)
  • ISBN978‐4‐272‐43093-2

今、大きな「転換」のとき
3・11後を生きる知恵がここにある

「さがる」のでも「おちる」のでもなく、ぼくたちは降りていく
人間の本性へと、自然へと、いのちへと、

私たちには今、降りることが必要とされている。
そのモデルは江戸とブータンにあると、辻さんと江戸文化研究者の田中 優子さんが自分たちの人生を振り返り、3・11を踏まえた今、生活に根ざしたしなやかな思想について語りあう対談集。

[はじめに] 「降りる」ということ
[第一章] 3.11後の世界と自分
[第二章] 江戸・ブータンへの道のり
[第三章] 江戸時代から考えるスローライフ
[第四章] ブータン探訪記
[終章] サティシュ・クマールに導かれて
[おわりに] わたしたちの降りる場所

<田中 優子>1952年生まれ。法政大学教授。研究範囲は江戸時代の美術、生活文化、海外貿易、経済、音曲、「連」の動き、東アジアや江戸の交流・比較研究、布や生活文化を中心にインド・東南アジアと江戸の交流・比較研究など。

本のご購入はコチラ≫



ポスト3・11ドキュメント!

『ホーキせよ!ポスト3・11を創る』

編著:辻信一+ナマケモノ倶楽部

 

表紙画像『ホーキせよ!ポスト3・11を創る』
  • 編著:
  • 辻信一+ナマケモノ倶楽部
    発行:ゆっくり堂
  • 四六判 288ページ
  • 定価1300円+(税)
  • ISBN978‐4‐9905455‐0‐5

3.11以前、「成長」という名の元で、 私たちは自然を破壊し、好き勝手に振舞い、 命よりお金を優先する社会を生きてきました。 しかし、私たちは今、そんな時代に別れを告げる大転換のときに来ています。 ―「ポスト3.11時代を創る」。 ナマケモノ倶楽部の世話人である辻信一さんを中心に、 ポスト3.11をどう生きていくか、どのような社会を創っていくか、 多くの人の思い、そしてナマクラの思いが詰まった一冊です。
以下で辻信一さんの序文もご覧になれます。
-------------------------
★目次:

序:大転換の時 辻 信一
Part1 メッセージ:
辻信一+中村隆市、ティク・ナット・ハン、C・ダグラス・ラミス、アウキ・ティトゥアニャ、 アンニャ・ライト、川口由一、島村菜津、ジグメ・Y・ティンレー、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、 藤岡亜美、セヴァン・カリス=スズキ、中村隆市、加藤登紀子、デヴィッド・スズキ、小澤陽祐、 マイケル・ニコル・ヤグラナス、上田洋平、サティシュ・クマール
Part2 インタビュー:(聞き手:辻信一)
松本哉、高坂勝、藤村靖之、田中優子、向谷地生良、アンニャ・ライト、スラック・シワラック、 アンドレイ・ラム、ファン・デグォン
Part3 ドキュメント ポスト3・11: 小野寺 雅之+ナマケモノ有志、見上 喜美江+進、藤岡 亜美、動くナマケモノたち

本のご購入はコチラ≫



我々は誰もみな ぶらぶらするために生まれてきたのだ―
『ナマケモノ教授のぶらぶら人類学』
著:辻信一


表紙画像『ナマケモノ教授のぶらぶら人類学』

  • 著者:辻信一
    発行:sokeiパブリッシング
  • A5版 244ページ
  • 定価1500円+(税) ISBN978‐4‐9905667‐1‐5

ぼくはため息とともに思うのだ。
ああ、スローダウンするだけで、人生はどんなに豊かになるだろう、と。 実は、大人たちは急いでいるのではなく、急いでいると思いこんでいるだけかもしれない。
その思いこみを取りはらっただけで、その人の人生ばかりか、周囲の世界は輝きをとり戻すだろうに。 そしてこうも思う。 ぼくたちがぶらぶらするだけで、地球はホッと息をつくことができるだろうに、と。(本文より)

ナマケモノ教授こと辻信一さんが綴った5年間のフィールドノートが書籍化されました。

「上向き」「前向き」ばかりが求められる忙しい現代の人々に、 「下向き」「後ろ向き」に生きていく“ぶらぶら主義(ブラブリズム)”を問う一冊となっています。 辻さんが、世界中をぶらぶらしながら発するメッセージや思いを感じて、 “ブラブリズム”を世にひろめていきましょう。 アンニャ・ライトさん、セヴァン・スズキさんたちの貴重なショットも掲載されています。

本のご購入はコチラ≫



世界を変える、小さなカフェの秘密!
『しあわせcafeのレシピ〜カフェスローものがたり』
自然食通信社/編著:吉岡淳・高橋真樹/編集:ゆっくり堂


表紙画像『しあわせcafeのレシピ〜カフェスローものがたり』

  • 編著:吉岡淳、高橋真樹
    編集:ゆっくり堂
  • カバー:佐藤玲
  • 発行:自然食通信社
  • A5版180ページ
  • 定価1500円+(税)
  • ISBN978‐4‐916110‐96‐1

オープンから10年を迎えたスロームーブメントの拠点、
「エコマーケット・カフェスロー」。その足跡は、偶然にも世界と日本を揺るがせた9・11事件と3・11の大震災と重なります。カフェスローは、たんに体に良い安心な食べ物を出しているオーガニックレストランというわけではありません。本書はそこに関わってきた、さまざまな分野で活躍する人たちの生き方、考え方を通して、カフェスローが歩んできた10年とは何だったのかをみつめ、「豊かさやしあわせはと何だろう?」と問い直します。

カフェスローのお米を作っている農家さん、コミュニティに重点を置いて行動するNPOスタッフ、地域を子育ての拠点と考えるカリスマ助産婦さん・・・カフェスローのスタッフはもちろん、いのちと向き合い、豊かな生き方、暮らしを実践する人たちがつくったしあわせレシピです。

ナマケモノ倶楽部やカフェスローのファンの方はもちろん、震災を機にこれまでのライフスタイルを考え直しているような方にとっても、たくさんの気づきやきっかけが発見できる、そんな本です。もちろんカフェスローの最新情報も満載です。

カフェスローのホームページはこちら≫

カフェスロー代表吉岡淳による「はじめに」はこちら≫

本のご購入はコチラ≫



自主上映
キャンペーン
募集中!

2012年春、ナマケモノ倶楽部とゆっくり堂の新しいスロームーブメントがはじまりました!!ナマケモノ倶楽部とゆっくり堂がはじめた新しいスロームーブメントが「スローシネマカフェ」!

ナマケモノDVDブック『サティシュ・クマールの 今、ここにある未来 with 辻信一』

カフェで、集会室で、地域で、劇場で、みんなで観て、感じたことを隣の人と話してみましょう。このムーブメントは、そんな呼びかけからはじまります。

その「場」を共有することで、「つながり」が生まれ、新しい時代を創るきっかけができる。

これまでゆっくり堂が製作してきた2本の映画 「サティシュ・クマールの 今、ここにある未来」と「川口由一の自然農というしあわせ」を観ながら、多くの人と語り合いましょう。

詳細はこちら≫

ナマケモノDVDブック『川口由一の 自然農というしあわせ with辻信一』

詳しくはこちら

Copyright © 2003 Yukkurido CO.,LTD. All rights reserved.

セヴァン・スズキの私にできること―森のつくりかた守りかた NGOナマケモノクラブへリンクします